開発するアプリの紹介

 

ここからはステージ2の復習として「四角形と三角形の面積を計算するアプリ」を開発してみましょう!

開発するのは以下のようなアプリです。

 

 

 

このアプリではユーザーに2つの数値を入力してもらい、その数値から面積を計算して表示します。

リセットボタンを押したときは、入力した値と計算結果が消えるようにします。

今回もシンプルなアプリですが

  • ユーザーが入力した値を受け取る方法
  • 正しく入力されているかのチェック方法
  • どのボタンが押されたかの判定方法
  • 関数の作り方
  • Snackbar の使い方
  • ViewBinding の使い方
  • Warning の解消方法

などアプリ開発に欠かすことができない知識がたくさん出てきます。

課題アプリ①よりも本格的なアプリを開発していきましょう

 

コメント

0 コメント